ぶっちゃけどの家庭用脱毛器が一番効果高いの?

家庭用の脱毛器を使用した脱毛後は、お肌がほてったり赤くなることがありますが、常温程度で構いませんのですぐに水で冷やすか、風をあてるようにすると良くなってきます。説明書にもありますが、脱毛後のお肌が赤くなるのは炎症のせいですので、汗をかかないよう、患部を清潔に保って冷やすことが大事です。 もし、冷やしても症状が改善しない場合は、皮膚科を受診して、脱毛によるものだということを伝えてください。ただれたり化膿するまで炎症を絶対に放置してはいけません。 女性なら誰でも気になるムダ毛。 気になるパーツは、面積が大きく目に付きやすい脚や腕、電車やふとした際に視線を集めてしまう脇などがポピュラーですが、近頃では、陰部(いわゆるアンダーヘア)を脱毛する女性もだんだんと増加しています。 さらに、後れ毛や産毛の気になりがちなうなじや口の周り、手や足の指毛、クロップドトップスからのぞくお腹や背中など、みんながみんな、同じ部位が気になるわけではありませんし、つま先・指先まで、全身のムダ毛を100%処理したいという女性もいます。 ムダ毛サロンによっても脱毛できるパーツが異なります。 脱毛サロンの施術後にケアをするなら、保湿をしっかり行うことを忘れないようにしてください。 刺激の強いものより、低刺激の保湿剤をつけて肌の乾燥を避けます。その先、三日ほどは、お風呂は入らないようにする、シャワーやお湯のみで流すのがいいでしょう。万が一、色が赤くなったときは、そのまま放置せず、冷やしてください。ビューティー家電では多くのラインナップを揃えるパナソニック。 その中で、ソイエという脱毛器が採用しているのは、ムダ毛を挟んで脱毛するのでそれなりの痛さは覚悟しなければなりません。 ヘッドを動かしていくと複数の毛を抜くことができるので、毛抜きで抜くより効率が良いですが、やはり刺激になるのか、脱毛後に埋没毛ができてニキビができたとか、痛くない毛も痛い毛も選ばずに一気に抜くため血が滲んだなどのマイナスのクチコミもあります。 もっとも、ロングセラーのシリーズなので、過去に使ったことがある人は多いはずです。 繰り返し脱毛することで痛みが軽くなってくるそうです。 減る前の痛みがどのくらいかは、使ってみなければわかりません。 ある程度の覚悟があれば、使えるかもしれません。サロンで光脱毛を受けるときには、事前に準備が必要です。毛根部分に効果的にその光が届くように、施術を受ける前にムダ毛を剃り、自己処理しておかなくてはいけないのです。ライトを毛根に効果的に当てるのが目的ですので、「きれいに」といっても、普通にムダ毛がない状態であれば充分です。 ムダ毛を残したままだとライトが必要な部分に必要なだけ当たらず、効果的な施術を提供することができないのを理由に断られることもありますし、次回からのアドバイスを受けてその回は終了、なんてことにもなりかねません。 注意されたあとに施術してもらえたとしても、効果が薄いのなら、きちんと下処理しておけば良かったと思うことでしょう。ところでこのムダ毛の事前処理ですが、ムダ毛を抜いたり脱色したりはNGです。 光脱毛は毛根の黒い部分に作用して脱毛を促すので、毛根の黒い部分が残っていないと効果が得られないというわけです。「溶かす」か「剃る」かどちらかの方法で毛根のメラニンを損なわない方法で処理してください。毛の色や質によっては、溶かすより剃るほうが向いているかもしれません。 毎回のことですので、サロンで聞いてみると良いでしょう。